1. HOME
  2. よくある質問
  3. 学習・カリキュラムに関するQ&A
  4. 学習・カリキュラムに関するQ&A

よくある質問

学習・カリキュラムに関するQ&A

Q 小学校前半(1~3年生)で教科担任制を実施している科目を教えてください。
A   英語,音楽,図工,体育等幅広い分野にわたります。これらの授業は日本人教員とALT(外国人英語教員)がティームで英語を交えて行う文理イマージョン授業です。
 
Q 授業時間数が多いということは先取り学習を進めていて、進度が速いということでしょうか?
A   先取り学習を積極的に進めるのではなく、深く、広く、大きな基礎学力を築いていくことを基本とします。 その中で、結果的に上の学年で学習する内容に触れていくことはあります。
 
Q 文理中学・高校への進学はどのようになっているのでしょう?
A   小学校卒業時および中学校卒業時に一定の基準を満たしている児童・生徒が中学校、高校への進学が認められます。授業を理解し、学習していれば大丈夫です。
 
Q 授業担当の先生は、どのような先生がいますか?
A   高校で東大をはじめとする国公立進学(受験)指導をした文理高等学校の教員や文理中学校で指導をした教員が小学校の専科の授業を教えています。
 
Q 文理小学校の特色ある教育として、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?
A   「英語のシャワー」で世界のトップエリートを育てるため、日本人教員とALT(外国人英語教師)による授業の展開やマナー教室への参加、マネジメント教育、田植え、ヤゴ捕りなどの校外学習等、多様なカリキュラムを組んでおります。さらに将来の進学を見すえ、文理高校卒業の東大生による東大キャンパスツアーもあります。

 
Q 海外研修について教えてください。
A

  異文化体験を経て、人々と交流することにより、国際感覚豊かな人間性を育む海外研修を行っています。

イギリス短期留学

16日間、英国人スタッフ(オックスフォード・ケンブリッジ卒業生)と世界各国から集まる同年代の子供達と寝食をともにしながら英語を学ぶ研修です。小さな国際社会ともいえる環境の中でリーダーシップを発揮しようとする努力は、将来に向けて大きな財産となるでしょう。また、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、イートン校での研修にも参加しています。

アメリカ研修

約1週間の行程でボストン、ニューヨークに行っています。ボストンでは、ハーバード大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)共に大学生・大学院生によるキャンパスツアー(レクチャー・体験・交流・発表)を行っています。ニューヨークでは、国連本部で国連友の会会長からレクチャーを受けて、国連本部内を英語での案内ツアーを行います。国連本部では、児童一人ひとりに名前の入った賞状をいただいています。国連学校(UNIS)では、日本の文化や文理はどのような学校かと英語でプレゼンテーションを行っています。国連学校の生徒に、班に分かれて「折り紙」や「けん玉」を教えられるよう準備もしています。