1. HOME
  2. 文理小の教育
  3. 教科内容
  4. 音楽・図工・体育・情報・CA

文理小の教育

音楽・図工・体育・情報・CA

文理イマージョン教育で英語を使う。

英語の授業は低学年で週2時間、高学年で週3時間実施しています。日本人の英語専科教員とALTがティームを組んで教えています。音楽、図工、体育を英語で実施する文理イマージョン授業は、日本人の専科教員または担任とALT(外国人英語教師)が担当します。これらの授業を合計すると英語に触れる時間数は10時間/週に達します。語学は使うことが何より大切です。児童は授業で学んだ英語を学校生活の中で実際に使い、英語でコミュニケーションできる喜びを感じながら英語を上達させていきます。

音 楽(MUSIC)
児童の創造力や豊かな心は音楽の授業を通して培うことができます。1年生から優れた音楽的センスを育んでまいります。指導者の中にはオックスフォード大学、大学院を卒業された先生もいます。五カ国語を操り、作詞・作曲はもとより歌唱力豊かな先生でもあります。 日本人の音楽科教員と連携し、日本の伝統的な音楽も共に学んでいきます。尚、文理の和太鼓、大正琴、ハンドベルは世界遺産であるオーストラリアのオペラハウスにて演奏をした大変貴重な経験をさせて頂いております。
図 工(ART)
授業のはじめに、ALT(外国人英語教師)が授業のめあてを明確にします。大きさで変わる紙の数えかたの相違についても画用紙を示しながら英語で理解させていきます。日本人の図工専科教員も日本語と英語で専門的な指導をします。芸術的センスや言語能力は右脳で鍛えられていきます。図工をイマージョンでやる意義がそこにあります。
体 育(P.E.)
全身を使い、アクティブティな動きが要求される「体育」は、英語の指示がとても通りやすく、効果があります。英語独特の短いセンテンス、かつ力強いアクセントでの動きは子どもたちの運動能力を高めます。日本人教師も付いています。安全で効率の良い授業を目指しています。ALT(外国人英語教師)には元東京大学水球部ナショナルコーチもいます。
 
●音楽
  歌唱は三部合唱、器楽は打楽器・弦楽器にも挑戦
○ 歌唱教材においては、一般的な曲の他、英語の曲も多く取り上げます。
○ 高学年では輪唱から三部合唱までを目指します。器楽はハーモニカや鍵盤ハーモニカ、リコーダーを中心に指導します。これは、海外研修におけるパーティなどで手軽に演奏できる力を養うためです。
○ 授業のみならず、音楽会などの学芸行事にも積極的に導入します。
○尚、文理の和太鼓、大正琴、ハンドベルは世界遺産であるオーストラリアのオペラハウスにて演奏をした大変貴重な経験をさせて頂いております。
音楽
 
 
●図工
  「感じること・思ったこと」の表現から「構図」の創作へ
○ 前半では「感じること」や「思ったこと」を形として表現することを重視します。
○ 後半では「構図」を考え自分の考えにあった材料を選択し創作することを重視します。
○ 校外学習などを通して一流のものに触れることで感性を磨くよう努めます。
図工
 
 
●体育
  運動経験のみならず、健康の保持増進を目指す
○ 集団行動を重視した授業展開で運動の経験を与えるだけでなく、健康の保持増進と体力の向上を図り、明るく楽しい生活を営む態度を育てます。
○ 水泳指導は3年生までで、着衣水泳や安全指導も実施します。
○ 4~6年生はスキースクールを実施します。目標はSIA検定セミブロンズ取得です。
体育
 
 
●情報
  「ケーススタディメソッド」を利用した授業展開
○ ケーススタディメソッド=一連の学習過程の中で問題を発見し、自ら考え、解決し、発表する力を養うメソッドを使って授業を展開します。
○ コンピュータ操作のみならず、メディアリテラシー教育も実践します。
○日本語と英語のポスターを作成したり、プレゼンテーション資料(アメリカ研修、イギリス短期留学、卒業研究発表)を作成しています。
情報
 
 
●CA
  主体性・独創性を育てる創造活動の実施
○ 地域ボランティアや、その分野のプロの先生方の協力を得て授業を行います。
○ 学年の枠を取り外してお互いに協力し合いながら創造性や自主性を高めることを目標としています。
CA