1. HOME
  2. 文理小の教育
  3. 教科内容
  4. 国語・算数・理科・社会

文理小の教育

国語・算数・理科・社会

文理小学校

 
小学校前半(1~3年生)
基礎学力充実期間
○ 読み・書き・計算など基礎力の充実をはかる。
○ 体験重視...... 様々な事柄を体験させる。
小学校後半(4~6年生)
基礎学力+応用力
○ 中学入試レベルの学力を養成する学力充実
    期間。
○ 教科担任制導入 ...... 知識の深化を目指す。
 
  適宣2クラス3分割授業・ティームティーチングの実施、補習や特別課題を用いた学力伸長のためのフォローアップ  
 
●国語
  ことばと文字の習得(1)
  ことばや文字を通してわきあがった感情や考えを行動や色、歌、詩などで自由に表現します。
  ことばと文字の習得(2)
  前半の内容を深めながら、多くのすぐれた文にふれることで、視野、想像力を広げていきます。
国語
            BAホールでの朗読風景
 
 
●算数
  計算力の重視
  反復練習を徹底的に行い、四則計算の力をしっかりと身につけます。
  「考える力」の養成
  文章題や図形の応用問題などを多く用いて、さまざまな事象に対する考える力を養います。
算数
suugaku.gif
  数学オリンピックの目的は、学年の枠を超えた統一テストを通して、確かな計算力や向上心を育むこと、中学進学に向けて確かな基礎学力を養うことにありま す。年に一度行いますが、試験時間は30分、計算問題のみ100問出題します。上位30名を発表し、表彰します。
          オリジナル教材を用いた算数の授業
 
 
●理科
  命の大切さを知り科学的なものの見方を養う
  体験学習を重視し、生き物の栽培や飼育を通して命の大切さを知り自然現象の観察や測定から科学的なものの見方を養います。
  科学的なものの見方や考え方を深める
  実験や観察を通して科学的なものの見方や考え方を深めるとともに、計算を伴う基礎学力の充実を図ります。
理科
           文理ファームでジャガイモの観察記録
 
 
●社会
  身近な生活環境から社会の仕組みを知る
  地域施設の訪問、さまざまな調査活動や聞き取り活動などを行い、考える力を養います。
  国際理解教育の推進
  高学年での海外研修(英国短期留学および米国研修)との関連をもった授業展開に取り組みます。
社会
※理科・社会では、必要に応じて中学・高校教科書で取扱う内容を指導することがあります。これは、中学・高校でのカリキュラムを踏まえ、最終的には「大学入試」まで見通したうえで、小学校段階で確実に身につけておくべきことを精査し指導しているためです。本校では12年一貫教育としての小学校教育という点に常に配慮した指導を行っています。         社会科校外学習で農協を訪問
 

↓

文理中学・高等学校

  中1~中2
基礎力養成
中3~高2
応用力養成
高3
入試実践力養成
中高一貫
カリキュラム